管理会計機能

仮想組織、仮想科目体系で並び順や集計レベルをユーザが独自にカスタマイズ

SystemBox 会計では、実在組織図の他にシミュレーションを行うための仮想組織図を複数作成することができます。また、同様に勘定科目の並び順や集計方法をアレンジした仮想科目体系も複数作成することができ、これらの組み合わせを活用することによって、ユーザが必要とするオリジナルレポートをユーザ自身が無限に作成することができます。

仮想組織、仮想科目体系で並び順や集計レベルをユーザが独自にカスタマイズ

様々な角度から業績を評価

用途に応じて必要なデータを多角的に取り出すことができ、管理帳票を作成できるので、様々な角度から業績を評価することができます。

様々な角度から業績を評価

プロジェクト別実績管理機能

各種のプロジェクトやイベントにかかる実績を管理でき、プロジェクト別予算の設定をすることで予算・実績の対比もできます。

配賦処理機能

  • 本社費や共通費などを「金額」「割合」「実績値割合」で配賦できます。実績値割合は売上高比率などの変動要素での自動配賦率設定のことです。
  • 外部システムで保持している工数割合などを配賦率マスタにCSV経由で取り込むことにより配賦率マスタへの登録の手間を省き、入力ミスを防止します。
  • 3次配賦まで可能なため、複雑な配賦処理にも対応できます。
  • 共通プロジェクトから原価プロジェクトへ費用を配賦することで、より厳格なプロジェクト別損益管理が可能です。
  • 配賦後の数値をシミュレーションする帳票を追加し、より細かい分析が可能になりました。(追加帳票:損益計算書/連月損益計算書/製造原価報告書/比較製造原価報告書/連月製造原価報告書/プロジェクト別損益計算書/プロジェクト別製造原価報告書)

配賦処理機能

このサービス・製品の関連事例